調査の依頼

依頼は極秘に行ってもらう

科学技術の発展によって素晴らしく便利な生活水準となった豊かな日本ですが、個人個人には多かれ少なかれ悩みを日々抱えていると言えます。大きな問題から小さな悩みも全てにおいて助け合う気持ちがとても重要でしょう。現代におけるストレスなどの心の病気や悩みなどを解決する方法として科学の力も必要ですが、探偵事務所に依頼する方法も選択肢として考えてみてはどうでしょうか。 依頼調査項目としてはいろいろありますが、浮気調査の依頼が一番多いようです。浮気すること自体もちらん犯罪でも何でもありません。むしろ浮気を調査することは心に痛みを伴うでしょう。そういったところで探偵に依頼することで家庭問題での確認作業として認識するということです。秘密は厳守、依頼者と委託者以外他人には漏れません。

情報化社会における探偵業とは

探偵業は探偵業務の適正化に定めた法律により、警察署を通じ公安委員会への届け出が必要となっています。探偵業務の内容は、浮気調査や素行調査といった行動を調査するものや、家出人、失踪者などの人探しがあります。何らかの理由があり離れ離れになっている人やどうしても会いたい人、人生を掛けて命を懸けても見つけ出さなければならない人がいる場合など人間は複雑な事実や問題を抱えているのです。 現代の情報化社会、インターネット社会において、サイバー犯罪やサイバーストーキングなどの増加、コンピュータ犯罪等の情報調査を行うこともあります。情報セキュリティ調査といった分野を新しい依頼業務として取り組み利用者へのサービスを提供しつつ時代に合わせた展開していくことが必要でしょう。